野菜の仕入れに活用したい卸売業者ガイド » コスト軽減につながるカット野菜の仕入れ

コスト軽減につながるカット野菜の仕入れ


ここではコスト削減や省力化につながるカット野菜仕入れのメリットと、それに対応する青果卸売業者を紹介しています。

コスト削減・業務の効率化に役立つカット野菜とは?

カット野菜とはすぐに調理に入れるように新鮮な野菜をあらかじめスライスしたり乱切りするなどの処理がされたものです。飲食店や外食業にとって以下のようなメリットが考えれます。

  1. 衛生的で少量・多種の野菜を使用可能
    あらかじめ洗浄されているので根菜類などの土(土壌菌)で厨房が汚れることがないので衛生的です。また必要な分だけ少量・多種の野菜が使用できるのでゴミ(外葉、芯)がなく、メニューの幅が広がります。
  2. 省力化によりコスト削減につながる
    下処理工程(野菜のカット・洗浄など)がなくなるため人件費が削減でき、従業員の負担が軽減し付加価値の高い仕事を与えることができます。また保管スペースも約半分になり水道光熱費などコスト削減になります。
  3. 原価管理がしやすく食材ロス減少
    従来のホール野菜のように芯や外葉がゴミにならず、食材のロスが減少します。また担当者によってカットサイズに差異がでるようなことがなく、グラム・キログラム単位なので原価管理しやすく無駄が省けます。

カット野菜の提供業者の中で、小ロットのオーダーに対応してくれる青果卸売業者は?

あらかじめ洗浄され下処理されているカット野菜は人手不足が深刻な問題となっている飲食業界にとってコスト削減や業務の効率化につながるため、以前より注目されておりニーズも高まっています。

今回調査した14社の中でも12社がカット野菜を提供しており、現在の青果卸売業者は市場から野菜を仕入れるだけでなく、様々な要望に応じて加工も含めた柔軟な野菜の提供が求められていることがわかります。

ところが最低ロットが高く設定されていると、必要以上に仕入れることになり無駄が生じてしまいます。調理メニューによっては少量で多種の野菜が求められることがあり、大量には必要ないというケースも多いのです。

カット野菜で業者を選ぶ際は小ロットに対応しているかが重要なポイントになり、その意味では100gからのオーダーに対応しているベストフードカンパニーと最小ロット500gからのオーダーに対応しているツカサが使いやすいと言えるでしょう。

 青果卸売業者 カット野菜の販売  小ロットの対応 
ベストフードカンパニー
最小ロット100gから
ツカサ
最小ロット500gから
フードサプライ
記載なし
デリカフーズ
記載なし
フジタカベスト
記載なし
島田青果
記載なし
プレコフーズ
記載なし
リクエ
記載なし
藤代商店
記載なし
マルヤス
記載なし
旬彩坊
記載なし
やまかね
記載なし
ベストフードカンパニー
カット野菜の販売
小ロットの対応

最小ロット100gから
ツカサ
カット野菜の販売
小ロットの対応

最小ロット500gから
フードサプライ
カット野菜の販売
小ロットの対応

記載なし
デリカフーズ
カット野菜の販売
小ロットの対応

記載なし
フジタカベスト
カット野菜の販売
小ロットの対応

記載なし
島田青果
カット野菜の販売
小ロットの対応

記載なし
プレコフーズ
カット野菜の販売
小ロットの対応

記載なし
リクエ
カット野菜の販売
小ロットの対応

記載なし
藤代商店
カット野菜の販売
小ロットの対応

記載なし
やさいのマルヤス
カット野菜の販売
小ロットの対応

記載なし
旬彩坊
カット野菜の販売
小ロットの対応

記載なし
やまかね
カット野菜の販売
小ロットの対応

記載なし

カット野菜の対応を含め、野菜仕入れに最適な青果卸売業者どこ?

        青果卸売業者を選ぶなら対応力が決め手        

野菜仕入れで、長く付き合える卸売業者を選ぶなら、いつでも野菜を届けてくれる配送対応や、野菜価格が高騰した際の提案力が重要です。

       

おすすめの青果卸売業者はこちら