野菜の仕入れに活用したい卸売業者ガイド » 野菜相場の高騰に対応する青果卸売業者の提案力

野菜相場の高騰に対応する青果卸売業者の提案力

ここでは野菜の相場価格が高騰する理由について説明。またその際に代替案を提案してくれる青果卸売業者を紹介しています。

変動する野菜の相場価格

スーパーや八百屋の店頭で確認してもわかるように野菜の相場価格は変動します。時期によって相場価格が高いこともありますし安い時もあります。なぜこのようなことが起きるのかというと収穫量が変化するからです。

野菜の価格は天候と需要・供給バランスで変わります。天候がよく野菜の収穫量が多い場合は、市場に野菜がたくさん入ってきますが売れ残りを避けるために価格が下がります。逆に台風などの影響で収穫量が減ると価格が急騰することもあります。

全国的な気温の変化や雨量は野菜の相場価格全体に影響しますが、想定外の大雪が降ったり、洪水などの大雨による水害など災害レベルの気候変動があると被害を受けた地域を産地とする野菜の価格が高騰してしまうことがあります。

このように野菜の相場価格は変動して当然の事情があるのですが、その中でいかに安定した価格と供給量を維持できるかは、青果卸売業者のリスク管理や提案力によって違ってきます。

野菜の高騰に対応して代替案を提案してくれる青果卸売業者は?

青果卸売業者 野菜相場高騰時の代替案の提案 コストダウン提案 旬の野菜の提案やレシピの提案
ベストフードカンパニー
相場変動時の代替案の提案

代替野菜などを使ったコストダウン提案

旬野菜の提案、旬野菜を使ったレシピの提供
フードサプライ
記載なし

仕入れ量を分析し、適した産地(仕入先)の提案。コストの平準化やコスト削減

お客様のニーズに対応した旬の野菜を提案
島田青果
記載なし

記載なし

お客様の店舗で実際に食事をして、野菜の使用状況を把握し、食材提案
ベストフードカンパニー
野菜相場高騰時の代替案の提案

相場変動時の代替案の提案
コストダウン提案

代替野菜などを使ったコストダウン提案
旬の野菜の提案やレシピの提案

旬野菜の提案、旬野菜を使ったレシピの提供
フードサプライ
野菜相場高騰時の代替案の提案

記載なし
コストダウン提案

仕入れ量を分析し、適した産地(仕入先)の提案。コストの平準化やコスト削減
旬の野菜の提案やレシピの提案

お客様のニーズに対応した旬の野菜を提案
島田青果
野菜相場高騰時の代替案の提案

記載なし
コストダウン提案

記載なし
旬の野菜の提案やレシピの提案

お客様の店舗で実際に食事をして、野菜の使用状況を把握し、食材提案

天候や風水害等の影響で野菜の価格が高騰し供給量が減ったとしても、飲食店や外食チェーン店などの顧客は変わらずにいますので、できるだけ利益は確保しながら通常メニューを維持しなければなりません。

もしどうしても野菜の仕入れが滞ってしまった場合には別の方法を検討する必要が出てきますが、今回の調査で野菜の相場価格高騰に対応して、代替案を提案してくれるのはベストフードカンパニーのみでした。

同社では代替野菜を使ったコストダウンの提案や旬野菜を使ったレシピなどのアドバイスなどもしているので、野菜の高騰時のみではなく、幅広い範囲で利用者の業務をサポートしてくれるビジネスパートナーになります。

この他、フードサプライは代替案まではないですが、仕入量からコスト平準化や削減のための産地提案や旬な野菜の提案は行っており、島田青果は店舗での野菜の使用状況により食材提案を行っているので野菜高騰時の一定の対応力が期待できます。

仕入れ業者が行っている野菜仕入れコスト削減のコツは?

野菜仕入れを日常的に行っている業者が、コスト削減のために行っている実際の工夫やコツについて、把握しておきましょう。

大量発注で野菜単価を下げる

野菜には、仕入れ量によって単価が変わるものも多く、そのような野菜については大量発注することで、仕入れコストを削減することができます。特に、冷凍保存ができる野菜であれば、ケース購入によって仕入れコストを抑えることは賢い方法です。また、まとめ買いやまとめ配送によって単価を安くできる野菜リストを、卸業者に出してもらうという手もあります。

その他、営業担当者と普段から連絡を取り合っておき、同等の品質であればコストの削減幅の大きな野菜を教えてもらうことも有効です。

複数業者との取引で効率的にコスト削減

1つの卸業者とだけ深く付き合うことは、色々と融通を聞いてもらえることもあってお得ですが、一方で競合他社がいない環境ではコスト削減もあまり見込めません。また、不作の年や生産トラブルがあった際に、野菜の単価が向上してしまう恐れもあります。その他、業者によっては得意・不得意とする野菜もあるでしょう。

そこで、取引先を1つに限定せず、常に複数業者に価格競争をさせることで、野菜の仕入れコストを削減することは重要です。

実際、相見積もりを取ってみると、野菜の単価が違っていたり、他業者の方が安いとそれとなく伝えることで、営業担当者が値引きに応じてくれる場合もあります。

また、定期的に取引価格の見直しを相談したり、他業者の見積もりを確認したりすることで、常にベストな仕入れ先を選んでいくことも大切です。

市場価格のチェックで相場を把握

市場価格や相場をきちんと把握しておくことで、適正価格と仕入れ価格に差がないかを注意することは不可欠です。そして、もしも仕入れ先の価格が相場よりも高ければ、他の業者を探してみるきっかけにもなります。

卸業者に無理をさせすぎない

逆に、卸業者が明らかに安い価格を提示してきたとしても、品質の維持や他の野菜仕入れに関する影響を考えて、あえて値下げを求めず、適正価格での取引を行うということも、全体的に見ればより良い仕入れ環境をキープする上で効果的かも知れません。

特に、卸業者とWin-Win関係を築けていれば、何かトラブルが発生した際にも普段通り対応してくれることもあり、結果的にはお得という場合もあります。

野菜の仕入れ先の探し方や仕入れ先の使い分けのコツは?

野菜仕入れを行う上で、自分の店にベストな業者を見つけるためのコツや注意点についても、一緒に把握しておきましょう。

仕入れの目的を明確にする

野菜を安く仕入れたいのか、常に安定した供給を目指したいのか、それとも高級野菜を仕入れてアピールポイントにしたいのかなど、何のためにどのような野菜を仕入れるのか、まずは仕入れの目的を明確にしておくことが欠かせません。

仕入れ業者を比較してベストな条件を検討する

仕入れ業者を複数比較しようとしても、最初の内はなかなか大手からの仕入れが難しいこともあります。しかし、それでも複数のスーパーや八百屋、地元の卸業者、さらにはネット通販業者などもチェックして、常に自分のニーズにベストマッチした仕入れ先を検討していく姿勢は重要です。

業務用食品問屋は外せない候補

業務用食品問屋では、野菜や果物の処理に関する独自サービスを行っていることもあり、日常業務に役立つ場合もあるでしょう。

その他、業務用食品問屋は店舗やグループによって、得意商品が違ったり、同じ商品でも品質・価格・供給量に違いがあったりするので、常にリスク管理として複数の業者を候補に入れておくことが肝心です。また、仕入れ担当者の態度や仕事ぶりも、信頼して仕入れを任せられるか判断する上で重要なポイントです。

近所のスーパーや八百屋は心強いお助けマン!

近所のスーパーや八百屋は、日常的に大量の野菜を仕入れる相手としては不向きかも知れません。しかし、急にいつも以上の野菜が必要になった時や、消費期限の管理が難しい野菜を仕入れたい時など、特別な状況下で野菜が必要になった際には、とても心強い取引先といえるでしょう。

加えて、特別セールや特売日などを活用すれば、特定商品に限って卸値よりも小売価格の方が安いこともあり、普段からアンテナを張っておくことは大切です。

高級野菜で品質をアピール

コストが高くなったとしても、あえて高級野菜や有名産地の野菜を仕入れることで、それ自体が宣伝効果を生んでくれることもあります。また、作り手の顔が見えることで、野菜の安全性をアピールし、それを使った料理や食品の安全性まで強調することも可能です。

昨今はネットを通じて全国の生産者と直接取引ができるようにもなり、店のコンセプトや、将来的な事業計画を明確した上で、仕入れ先として検討してみても良いでしょう。

野菜相場高騰時の代替え提案を含め、野菜仕入れに最適な青果卸売業者どこ?

        青果卸売業者を選ぶなら対応力が決め手        

野菜仕入れで、長く付き合える卸売業者を選ぶなら、いつでも野菜を届けてくれる配送対応や、野菜価格が高騰した際の提案力が重要です。

       

おすすめの青果卸売業者はこちら