野菜の仕入れに活用したい卸売業者ガイド » 【基礎知識】野菜を仕入れる前にチェックすべきポイント! » 発注点発注を導入し発注方式を見直して食品ロスを削減

公開日: |更新日:

発注点発注を導入し発注方式を見直して食品ロスを削減

こちらでは、発注方式の一つである「発注点発注」について紹介しています。食品ロスを防ぐためには、それぞれの店に合った発注量とタイミングが重要です。自店に合った発注方法を見つるため、ぜひ参考にしてみてください。

発注点発注とは?

発注点発注は、食材ごとに「発注点」を決めておき、その発注点に基づいた発注を行う方法のこと。発注点方式、定量発注方式とも呼ばれています。

飲食店における食材の発注のタイミングを決める方法はさまざま。長年の勘で発注している人もいるかと思います。しかし、食材ロスや品切れのリスクを減らすということを考えた際、発注するタイミングや方法についてはしっかりと検討しておく必要があります。

発注点発注を行うタイミングはいつ?

発注点発注では、「決めておいた発注点よりも在庫が少なくなった時」にその食材を発注します。どれぐらいの量を発注するかもあらかじめ決めておき、このタイミングで発注することによって、在庫を回復させることが可能です。「決めておいたタイミング・決めておいた量」で発注を行いますので、毎回発注量が一定に。そのため、手間が少ないこという特徴があります。

また、発注点発注は、数字をもとにしています。勘に頼った発注などではありませんので、発注するタイミングがわかりやすいところもポイント。誰か一人が発注を担当するのではなく、多くのスタッフで発注管理を行うことができるのも特徴です。そうすることで、一人ひとりに業務が集中することがなく、負担を減らせる効果もあります。

その一方、発注点発注には、在庫の大幅な変更には対応しにくいというデメリットもありますので、注意が必要です。発注点発注は、需要変動があまり大きくないもの・単価が安いものの在庫管理に向いているといえます。

発注点の決め方は?

食材の発注点を決めるためには、「1日の平均使用量×発注から納品までの調達期間+安全在庫」という計算式があります。この安全在庫とは、急に注文が増えることで在庫不足が起きることを避けるためのもの。安全在庫は「安全係数×使用量の標準偏差×√(発注から納品までにかかる期間+発注間隔)」で求められます。安全係数は欠品を許容できる欠品率に対する数値で、どこまで欠品を許容できるかによって変動する数値です。

時期によって安全在庫を考慮する

前述しましたが、発注点発注を行う際は、安全在庫についても考慮する必要があります。そうすることで品切れが起こるリスクを軽減することが可能ですが、生鮮食品の場合は、安全在庫がそのまま食材ロスにつながる恐れも出てきますので、注意が必要です。

食材ロスにならないためにも、自店ではどのくらいの安全在庫が必要なのかを日頃から把握しておいてください。一旦決めた値でしばらく運用し、その結果を検証。在庫が多いとわかれば安全在庫を減らす、逆に、足りない場合は安全在庫を増やすなど、その時の状況に応じて柔軟に対応するようにしましょう。

また、常に同じ量の安全在庫ではなく、季節によって数を増減させることもポイントの一つ。食材ロスは、利益を失うことにもつながります。そのため、定期的に安全在庫を見直し、時期に合った量や発注量を確保しましょう。

まとめ

こちらの記事では、発注方法の一つである「発注点発注」について紹介しました。発注点発注は、あらかじめ発注量・タイミングを決めておく発注方法。また、急な注文増加に対応するため、安全在庫についても解説しています。自分の店に合った発注点を見つけ、どんな発注方法や在庫管理が適しているのかを検討しておきましょう。

コスト削減・業務の効率化に役立つ
カット野菜とは?

毎日配送対応!
おすすめの青果卸売業者3選

徹底した注文管理で
発注の融通も利きやすい

ベストフードカンパニー
ベストフードカンパニー
引用元:ベストフードカンパニー公式HP(https://best-food.co.jp/)
特徴
  • 徹底した注文管理と顧客対応でリピート率93%誤未納率0.6%
  • 病院や介護施設向けに専門チームを設けており、様々な発注条件にも柔軟に対応
※すべて公式サイトの情報より。
2023年2月調査時点。

「その日の状況次第」
な注文でも安心の配送網

ベジクル
ベジクル
引用元:ベジクル公式HP(https://www.vegekul.com/)
特徴
  • 午後便(追加便)に対応しており、急な欠品でも素早く対応できる配送システム
  • 小ロット(きゅうり1本から)でも届けるプライムエリアサービス23区の一部を提供
※すべて公式サイトの情報より。
2023年2月調査時点。

ブランディングやPRなど
他店との差別化が図れる

フードサプライ
フードサプライ
引用元:フードサプライ公式HP(https://www.foodsupply.co.jp/)
特徴
  • 自社農園からの仕入れや、契約農家とのマッチングなど仕入れの差別化を提案
  • PR、コスト削減、フランチャイズなどの経営コンサルサポートも可能
※すべて公式サイトの情報より。
2023年2月調査時点。
 

【選定条件】
2023年2月7日調査時点で、Googleで「野菜 仕入れ」と検索して表示される首都圏対応の青果卸売業者40社を調査し、毎日配送(市場休みにも対応)している旨を公式サイトに明記してある会社の中から選定。

【3選の選定条件】
ベストフードカンパニー(徹底した注文管理):調査対象の中で唯一、病院/介護施設専門の担当チームを配置しており、誤納未納率を明記している
ベジクル(安心の配送体制):調査対象の中で唯一、午後便・配送便どちらも対応していることを明記している
フードサプライ(他店との差別化):調査対象の中で唯一、農家と店舗との産直契約を仲介するブランディングサービスを提供している
※調査はいずれも2023年2月時点の公式サイトの記載より判断。

青果卸売業者選びは「仕入れ力」が決め手

野菜の仕入れで大事なのは仕入れの安定感。毎日配送に対応している業者であれば鮮度も品質も安心です。

おすすめの
青果卸売業者3選