野菜の仕入れに活用したい卸売業者ガイド » 【基礎知識】野菜を仕入れる前にチェックすべきポイント! » 国産野菜と外国産野菜の違い

公開日: |更新日:

国産野菜と外国産野菜の違い

ひとことで「野菜」といっても、生産国はさまざまです。国産の野菜だけでなく、近年では外国産の野菜も豊富に世間に流通しています。

こちらでは、国産野菜と外国産野菜の両方のメリット・デメリットを紹介しています。それぞれの利点を知り、自分のお店に合った野菜を、シーンに応じて上手く活用するようにしましょう。

国産野菜のメリット・デメリット

メリット

国産野菜は、産地との物理的な距離が近いため、より新鮮なものを用意できるというメリットがあります。また、規格が厳しい国産野菜は、大きさ、色、形がほとんど均一で、見た目が美しいという点もポイントの一つ。

また、国産であることでお客様の安心感・信頼感を得やすく、品質がいい品が多いことも大きなメリット。最近では、スーパーなどに並んでいる野菜に、産地や生産者の情報をアピールしているものも多くあります。そうすることで、その商品や料理に付加価値を与えることができます。

デメリット

国産野菜のデメリットは、天候不良や季節の変化などによって、価格が上下しやすいことが挙げられます。いい天気が続けばいいのかというとそうではなく、収穫量が消費量を上回り、値崩れを起こすこともありえます。逆に、台風や大雨などの災害が頻発した場合は、大幅な価格高騰が起きる可能性があります。

外国産野菜のメリット・デメリット

メリット

外国産野菜は、国産のものと比較して、そのほとんどが安価です。その理由は、広大な農地で大量生産を行っていたり、機械化や賃金を安くすることで人件費を抑えていたりするから。輸入するので輸送コストはかかりますが、生産コストの安さが輸送コストを大きく上回っているのが現状です。

また、気候による収穫量の変動は、日本だけではなく、世界のどの国でも起こり得ること。しかし、さまざまな国から輸入することで、カバーすることが可能。そのため、外国産野菜は、年間を通して安定した量・価格で供給することができるのです。

デメリット

国産野菜と比べて、外国産野菜は、生産時の規格が緩いことが多いため、大きさや見た目が不ぞろいになりがち。また、どうしても産地から輸送するための時間がかかってしまいますので、鮮度の低下は避けられない問題です。傷みや割れなどが起こったものが混ざってしまうケースもあります。

さらに、「外国産は農薬が多そうで危ないイメージ」など、マイナスのイメージが付きまといがちというデメリットもあります。検疫によって、農薬の残留量が日本における基準を超えていたり、害虫が付着していたりするものは弾かれますが、消費者からの信頼度においては、圧倒的に国産野菜が人気です。

まとめ

国産野菜と外国産野菜には、それぞれ異なるメリット・デメリットがあることがわかりました。「国産野菜の価格が高騰した時は、外国産野菜を活用する」など、双方のメリット・デメリットを上手く活用することが大切。イメージだけで決めつけず、違いを踏まえて、効果的に活用しましょう。

野菜の相場変動時に問われる
対策法とは?

毎日配送対応!
おすすめの青果卸売業者3選

徹底した注文管理で
発注の融通も利きやすい

ベストフードカンパニー
ベストフードカンパニー
引用元:ベストフードカンパニー公式HP(https://best-food.co.jp/)
特徴
  • 徹底した注文管理と顧客対応でリピート率93%誤未納率0.6%
  • 病院や介護施設向けに専門チームを設けており、様々な発注条件にも柔軟に対応
※すべて公式サイトの情報より。
2023年2月調査時点。

「その日の状況次第」
な注文でも安心の配送網

ベジクル
ベジクル
引用元:ベジクル公式HP(https://www.vegekul.com/)
特徴
  • 午後便(追加便)に対応しており、急な欠品でも素早く対応できる配送システム
  • 小ロット(きゅうり1本から)でも届けるプライムエリアサービス23区の一部を提供
※すべて公式サイトの情報より。
2023年2月調査時点。

ブランディングやPRなど
他店との差別化が図れる

フードサプライ
フードサプライ
引用元:フードサプライ公式HP(https://www.foodsupply.co.jp/)
特徴
  • 自社農園からの仕入れや、契約農家とのマッチングなど仕入れの差別化を提案
  • PR、コスト削減、フランチャイズなどの経営コンサルサポートも可能
※すべて公式サイトの情報より。
2023年2月調査時点。
 

【選定条件】
2023年2月7日調査時点で、Googleで「野菜 仕入れ」と検索して表示される首都圏対応の青果卸売業者40社を調査し、毎日配送(市場休みにも対応)している旨を公式サイトに明記してある会社の中から選定。

【3選の選定条件】
ベストフードカンパニー(徹底した注文管理):調査対象の中で唯一、病院/介護施設専門の担当チームを配置しており、誤納未納率を明記している
ベジクル(安心の配送体制):調査対象の中で唯一、午後便・配送便どちらも対応していることを明記している
フードサプライ(他店との差別化):調査対象の中で唯一、農家と店舗との産直契約を仲介するブランディングサービスを提供している
※調査はいずれも2023年2月時点の公式サイトの記載より判断。

青果卸売業者選びは「仕入れ力」が決め手

野菜の仕入れで大事なのは仕入れの安定感。毎日配送に対応している業者であれば鮮度も品質も安心です。

おすすめの
青果卸売業者3選