野菜の仕入れに活用したい卸売業者ガイド » 旬の野菜

旬の野菜

四季がはっきりと感じられる気候の日本には、昔からその季節にあった野菜を使った料理でお祝いをしたり、お供え物をしたりという文化があります。旬の野菜は栄養価が最も高く、その季節に必要な栄養がたっぷりと含まれているのが魅力。積極的に仕入れて商品へ取り入れていきましょう。

旬の野菜を取り入れるメリットとは

仕入れコストが抑えられる

旬とはその野菜が本来最も食べ頃を迎える時期。成長しやすく、収穫量も増加します。たくさん生産できるぶん、一つひとつの値段は安価に。新しいメニューに取り入れるため、一度に大量の仕入れを考える際も比較的容易にできるのです。メニューの価格もできるだけリーズナブルに抑えることで、食事の提供者の反応も高まるでしょう。

旬の食材で美味しさUP

栄養価が高い旬の野菜は、美味しさもベストな状態。旬の時期しか味わえない、繊細な甘さや優しい口当たりを感じることができるでしょう。普段のメニューにさっと取り入れるだけで、ワンランク上の食事へと生まれ変わらせてくれます。何よりその時期に必要な栄養素を取り入れ、野菜の恵みを存分に味わえるということ。食べた人の満足度UPも期待できますよ。

定番メニューに慣れてしまった顧客へアプローチ

常に人気を集める飲食店をつくりたいなら、話題性のあるメニューを考えることが大切。旬の野菜を取り入れることで季節限定の新作をつくりやすくなります。定番の商品に飽きてしまった人の心も引き戻せるでしょう。

四季別旬の野菜

春夏秋冬別に、旬の野菜をまとめてみました。オススメな調理方法も、是非参考にしてみてください。

春が旬の野菜

春が旬の野菜は冬の厳しさを勝ち向いて栄養をたっぷり蓄えた野菜たちです。ちなみに菜の花などの苦味は、害虫から身を守るために出す「植物性アルカロイド」という成分が影響しています。

おひたしや肉じゃが、天ぷらなどにするのがおすすめです。

夏が旬の野菜

水分、カリウムを豊富に含んだ夏野菜は身体の火照りを外に出してくれる作用があります。生で食べられるものが多いので、丸かじりで栄養を取り入れられるのもポイントです。

グリル野菜や炒め物、カレーなどにして食べるとより栄養を摂取できるでしょう。

秋が旬の野菜

秋野菜の代表は根菜類。デンプンや糖分をたくさん含んでいるのが特徴で、身体を温めてくれる作用があります。冬に向けての体調管理に役立つ野菜です。

身体を温める効果を高めるために、スープや煮物にして食べると良いでしょう。

冬が旬の野菜

身体を冷やさず、温めてくれる働きを持つ野菜が多いのが冬野菜の特徴です。カロチンやビタミンCが豊富で、風邪予防にも効果的。

お味噌汁や煮物、おひたしにするのがおすすめです。

        青果卸売業者を選ぶなら対応力が決め手        

野菜仕入れで、長く付き合える卸売業者を選ぶなら、いつでも野菜を届けてくれる配送対応や、野菜価格が高騰した際の提案力が重要です。

       

おすすめの青果卸売業者はこちら