野菜の仕入れに活用したい卸売業者ガイド » 【基礎知識】野菜を仕入れる前にチェックすべきポイント!

【基礎知識】野菜を仕入れる前にチェックすべきポイント!

野菜の仕入れに役立つ農作物の基準や契約方法を紹介します。

オーガニック野菜と有機野菜、無農薬野菜の違い

オーガニック野菜は、国際有機農業運動連盟(IFOAM)の原則を守り、できるだけ自然に配慮した栽培方法で作られた野菜のことです。

有機野菜は、農林水産省の規格をクリアしている野菜を有機野菜もしくは有機農作物といいます。クリアしていないものは「プレオーガニック」や「有機野菜」と紹介することも。

無農薬野菜は、農薬を一切使わずに栽培した野菜のことです。有機野菜のように2年以上化学農薬や肥料を使っていない田畑で栽培するといった条件はありません。そのため、栽培環境によっては残留農薬が検出される問題などもあり、「無農薬」という表記は禁止され、「特別栽培農産物」と記載されています。

それぞれの詳しい特徴や違いについて、次のページで紹介しています。

オーガニック野菜と有機野菜、無農薬野菜の違い

野菜の価格高騰の原因と対策方法

野菜の価格高騰の原因として最初に思い浮かべるのは、「天候」ではないでしょうか。夏が暑すぎるまたは寒すぎる、雨が少なすぎるまたは多すぎる、といった気候の違いは野菜の価格変動の原因になります。また天候以外の「自然災害」も要因です。地震による津波の被害、土砂災害、台風の被害などが挙げられます。

野菜の値段が高騰してしまった場合、その費用を回収するためには「料理そのものの値段を上げる」のが一番早い方法です。しかし、安易な値上げはかえって収支をマイナスにしてしまう恐れが。提供するメニュー料金を上げる以外の対策として、ロスを確認し無駄のないよう使い切りを意識する、規格外野菜を使用する、代用食材を探すなどの方法が挙げられます。

野菜の価格高騰の原因と対策方法

規格外野菜を仕入れるメリットとデメリット

野菜の価格高騰やメニューのコスト削減に便利な規格外野菜の仕入れ。メリットとデメリットを知り、仕入れ価格を見直すのもひとつのポイントです。

規格外野菜のメリットは「廃棄されるはずの野菜を仕入れることでロスが減る」ということ、仕入先では「安価に手に入れられる」ということが挙げられます、
デメリットは、「野菜の品質が劣ることもあるため、見た目重視のメニューには向かない」という点です。
どちらを重視するかは仕入れるあなたの判断になります。

野菜の規格外を仕入れるメリットとデメリット

農家から野菜を直接仕入れるメリット・デメリット

野菜を仕入れる方法は、生産者から直接購入する方法と問屋を通す方法、販売会社を通す方法があります。

発生するマージンが増えるごとに仕入れ価格が高くなってしまうため、コストを削減したい人は「農家と直接契約する、購入する」ことを視野に入れるのもひとつの方法です。

メリットとして「生産者の顔が見える」「農家こだわりの栽培方法や農作物の基準があるケースがある」「中間マージンがかからない」などの点が挙げられます。

反対に、「農家によって価格にばらつきがある」「無料配達をしていない(配達料がかかる)」「公式サイトの利用方法を覚える必要がある」点がデメリットと言えるでしょう。

野菜の仕入れを直接農家からするメリット・デメリット

野菜の廃棄の現状と食品ロスを減らす取り組み

廃棄野菜と一般に言われているものには2つの種類があります。

食べられる状態なのに廃棄される野菜と規格外などで市場に並ぶ前に処分される野菜です。

食べられるのに廃棄されるものは「食品ロス」、市場に並ぶ前に廃棄されるものは「廃棄食品」と呼ばれています。

食品ロスは、農林水産省および環境省の発表するデータでは食品全体で世界の食糧援助量をはるかに上回る643万tもあるとされます。

大量の食品ロスや廃棄野菜を減らすために、「食品ロス削減推進法」の規格外野菜の有効利用など多くの取り組みが進められています。

形が不ぞろいだったり小さかったりする野菜でも、味に違いはありません。価格が安いため、上手に使えばより安く野菜を仕入れることが可能です。

野菜の廃棄を減らす取り組みと仕入れのコツ

市場休みの配送対応を含め、野菜仕入れに最適な青果卸売業者どこ?

        青果卸売業者を選ぶなら対応力が決め手        

野菜仕入れで、長く付き合える卸売業者を選ぶなら、いつでも野菜を届けてくれる配送対応や、野菜価格が高騰した際の提案力が重要です。

       

おすすめの青果卸売業者はこちら